Text Size : A A A
Img_173acdcdb4d9ddf15c18a7affaa06711


ブルーベリーの季節です。


生地の中にたくさんのブルーベリーが入ってます。


毎年人気のケーキです。


Img_65152ba5129fb13587323d549e35ad0e


今日はひょっこりいろり君。




Img_5d3fcdaa10757e867ecfdfe7f58bb305
Img_cf0a7b6759d4d589c6423bb5c3304e46
Img_45507decda575b24f310d5752353a3ef
Img_a6a52c7c5070f3d0ff8194d6df2a05df
Img_f133bcb4f75681a8f69eac8754597f82
Img_a736523be623163d164e50d8ba7f86cc
Img_7910e5ec08298bee4175448ed9365f6c
Img_50f04ddfccdcbcf5bec15820897afd6f
Img_635e669be0c9868fdd2324b52c1be099



Abundanteで開かれた「村田匠也さん、久保裕子さんの器で夏のフレンチ」。



お料理はUne Petite Maisonのゆみこ先生。


久保さんともご一緒にお料理をいただき、作品の作り方など伺いました。


日々の暮らしの中での一場面を作品に込めているそうです。


素敵だな。


器に合わせたゆみこ先生のお料理もどれも美味しく、


旬のお野菜、果物、ハーブandスパイスの組み合わせが絶妙でした。


楽しい時間、ありがとうございました。


Img_507bf7e75b1868f2642dc54dc6b6008c



おはようさんです。



酷暑が続きますが、もうすぐ立秋。



皆様、楽しい休日を。
Img_63d177bf58afb7320f595a0d1fb04a84


満州で戦禍に巻き込まれ、命からがら日本へ引き揚げてきたヒコベエ一家は、


信州諏訪に身を寄せる。なだらかな稜線を描く山や緑深い自然に囲まれ、


ヒコベエは腕白坊主に成長する。


やがて一家に訪れた転機。  母の小説がベストセラーになり、父も作家の


道を歩み始め、、、。貧しくとも家族は支え合い励まし合って暮らしていた。


日本そして日本人が懸命に生きた昭和20年代を描く自伝的長編。


(裏表紙より)



後に数学者となる藤原先生の子供時代、かなり腕白で驚きました。



ほぼノンフィクションだそうです。



昭和20年代の暮らしがリアルに描かれています。




Img_e32958e35c9095fc66cd0d312deb9a92



今朝は涼しくていつもより長めのお散歩をしたにも関わらず、


家の中でも走り回っているいろり君。


今日から立秋。


少しでも涼しくなればいいな、、、。







Img_c79bead1fc5d61024022facd2a65d7de


色無地に紋を付けました。


母の紋なので「対い蝶」。


関西は女系の紋を関東は男系の紋を入れます。


関西は商人文化、関東は武家文化の違いからだそうです。


色無地に一つ紋なのでセミフォーマルで着用できます。


Img_069967ec6ae65238d410fdc283a6f7b7


爆睡中のところ、カメラを向けたので起こしちゃいました。


ごめんね。


Img_54dc24dea8c5fb1d76a75f35a267b32a


おはようさんです。


お盆休みの方も多いのでは?


皆様、楽しい休日を。


Img_5faf2500b2638ff54ff6e77041ccc7b6


画像整理中。


前邸の写真を見つけました。


同じ設計士さんで2度お願いしました。


どちらも温かみのある素敵な我が家です。


設計士さん、ありがとね。