Text Size : A A A
Img_63b190213957fdf3894c79d4c53004f3


「遺言」


久しぶりに養老先生。


タイトルから重い内容かと思えるのですがそうではありませんでした。


養老先生の切り口は面白い。





Img_b4fac7baaa893ca4fef6e8795dac46e6


お茶を習い始めて25年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を
探し続けた日々。
失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。
がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。
「ここにいるだけでよい」という心の安息。
雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる・・・・・季節を五感で味わう
歓びとともに、「いま、生きている!」その感動を鮮やかに綴る。
(裏表紙より)


20年以上前に習っていたお茶をまた習いたいと思いました。


心穏やかになる一冊。



Img_d83c631120d9cb3deae65aa4d182eb77


西郷隆盛の性格は、書状からみえる。
豊臣秀頼の父親は本当に秀吉なのか。
著者が原本を発見した龍馬の手紙の中身とは。
司馬遼太郎と伝説の儒学者には奇縁があった。
日本史にはたくさんの謎が潜んでいる。
著者は全国各地で古文書を発見・解読し、真相へと分け入ってゆく。
歴史の「本当の姿」は、古文書の中からしか見えてこない。
小説や教科書ではわからない、日本史の面白さ、魅力がここにある!
(帯より)


歴史好きとしては磯田先生の本はほんま面白い。


中でも中根東里について気になったので「無私の日本人」を早速買いました。



お気に入りの本屋さんへ行くとあっという間に時間が過ぎます。


本を読むのはほんま楽しい!

Img_98dbbe290b44987b1f0a812a10a822fb


トリミング時のいろり君。


いつも綺麗にしてくれてありがとう。


Img_8c3c663cc22fe92eeaf24bd6d609be87
Img_aba9b3ef851a112bbb4806549e9346a8


お気に入りの長襦袢。


大好きな七宝柄です。





Img_1c715c5a701f70fd24c347967b88e045
Img_b392a0468a3d8accd3be08b2a7939bb9


こちらは着物こもの。


中には肌襦袢、裾除け、帯枕、足袋、補正ものなどを入れてます。


補正がなかなか決まらなかったのですが厚めのタオルと腰パット


で丁度良い感じです。
Img_d0189a6d6acb8c76e563ecb043418151


腰紐、伊達締めなどの細々したものは母お手製の巾着袋に入れてます。


着物こものはまとめておくと便利ですね。



昨年受けた「きもの文化検定3級」、合格しました。
今年は2級に挑戦します。
頑張ろう!





Img_fe6f3f220559be6afd5d49ce902789f6


今日のいろり君。


モジャモジャになってきました。


今週トリミングです。


Img_47e3e988c205d10bbcd394653e3b4257

メレンゲの中にチョコレートなど中身を混ぜていく


ちょっと変わったレシピのcake。



粉糖をかけて仕上げます。



Img_efbf0953d6d1d5bc94261d00dff75174


今日は上目遣いのいろり君。




Img_870ae230e10f31d43fc83d82f946fc37
Img_5a3e885fbc08650ab199b1c410a72ba0


冬のお庭はパンジー、ビオラが中心。





Img_e0cb5fb1d2bab511766ff4ef2edfaf37
Img_c18acf396757317ce9fd403103241ec1


温かくなったらガーデニング屋さんに行こう。



Img_1fdcc3806d0b676c833bf8a5098727f4



今日のいろり君。


あなたは純粋で愛情豊で可愛くて、、、。


あなたを表現する言葉がたくさんあるの。




Img_48cf0e8419e414e4ff4eed9dfd27ff33


2019年、始まりました。


今年も宜しくお願いします。


今年も穏やかに、笑顔の多い年になりますよう。


年末に炊いた黒豆さん。


プリっと美味しく仕上がりました。